抜けても安心

インプラント

インプラントは病気や事故によって失われた歯の代わりとなる新しい人工歯のことです。インプラントの治療法が行われるようになるまでは入れ歯やブリッジ等の治療法に頼るしかありませんでした。入れ歯は取り外しができ清潔を保つことができますが、歯が浮いた感じがして噛み合わせたときに違和感があります。ブリッジも長年使用していると顎の骨が痩せてきてしまう欠点があります。それに比べて、インプラントは顎の骨に人工歯を埋め込むことによって骨と一体化します。しっかりと固定しているため、自分自身の歯のような感覚になります。そして、ぐらつきもなく骨が痩せてくることもなく、しっかりと噛むことができる良さがあります。インプラントほどの画期的な治療法は他には見当たらないのが現状です。

インプラントの治療は歯を失ったものにとって、救世主となっています。治療に使用する金属のチタンも安全性の高いものでアレルギー症状もほとんどないと言われています。ただ、外科治療を必要とするため、高度な医療技術が必要となります。最近ではどこの歯科医もインプラントの治療を取り扱うように看板をあげています。しかし、経験や高度な技術も持たないのに、安易に難しい手術を行うには無理があります。インプラント治療を考えているなら、確かな腕と実績を持った信頼のある歯科医を自らの手で探し出さなければなりません。現在のところ、インプラントを行った歯は10年たっても90%以上残存しているという結果が出ています。インプラントという最先端の技術は今後もどんどんと新しい技術が生み出されていくだろうと期待しています。