パソコンとテーブルのある部屋

最近に日本では子供の教育の事情もあり子供がある程度の年齢になりますと、転勤の際に単身赴任を選択するケースが増加しています。
不動産会社ではこのためこうした需要に応えるための物件の積み上げに努力しています。
基本的には家具付きのマンションを用意する必要があります。
標準装備としてはベッドに家具や机、カーテンと電気製品になります。
電気製品については冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、エアコンと机に置く電気スタンドは必須となります。
ガスコンロかIHヒーターで料理が出来るようにします。
掃除機やズボンプレッサーなどは共通備品ということでも対応可能です。
炊飯器やトースターは入居者に用意してもらうことになります。
インターネットの対応を可能にしておきます。

家族と離れて生活をするためにどうしても不規則な生活になりがちです。
食事についても外食が多くなるので偏ってしまいます。
栄養士の資格を持った管理人が雇えるならば賄い付のマンションは売り物になります。
部屋数とのバランスで実現できるかどうかを判断しなければなりませんが、一定の規模があれば導入を検討すべきと思います。
朝食と夕食に対応することとして週末の土曜まで対応できると単身赴任者に喜ばれると思います。
日曜日は管理人の休みに当てます。
徒然家族の元に帰る人も多いと思われますので日曜日にないことは特段問題はありません。
システムとしては朝食はバイキング形式が最適です。
ホテルの朝食バイキングを参考にします。
日によって和食と洋食を分けることも出来ます。

賄い付マンションの売り物は美味しい夕食をいかに提供できるかにかかっています。
事前に奥さんと確認に来た際に安心してもらえることが重要です。
カロリー計算をした健康食が提供されると確認できれば物件を気に入ってもらえます。
面倒でも一か月の献立表を用意して、それぞれのカロリー計算を行い、献立表に表示しておきます。
もちろん普段は外食が多いことを前提に思い切ってカロリーを少なくすることです。
野菜を増やしたり、肉より魚を中心にする等年齢の高い人を対象に考えることになります。
注文の受け付け方としては入居者に週の初めに一週間分の予約を入れてもらいます。
予定に変更による取消は前々日までとします。
こうすることで食事材の無駄も省けます。料金は一食500円くらいが妥当です。

オススメリンク

和室

独身者と既婚者で異なる

社会人で特に正社員として働いている場合には、様々な地方へ転勤…Read more
風呂

住居探しの注意点

転勤にて単身赴任などで賃貸物件を探す場合には、いくつかの注意…Read more

関連リンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年1月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031